株式投資

【秋号発売!】僕が四季報2020年夏号で選定した銘柄はどうだったのか?

こんにちは、heyheyです。

四季報の秋号が発売されましたね!

夏号では多くの会社が決算発表を遅らせたため、

コロナの影響があまり記載されていませんでした。

だから、秋号の発売はとってもワクワクします!!

 

と言いたいところですが、そこはちょっと我慢しましょう。

せっかく四半期が経ったので、

前号である「四季報2020年夏号」で僕が選定した銘柄の答え合わせを

ありのままに行いたいと思います。

 

1. 僕が四季報2020年夏号で選定した銘柄のすべて

以前に一部の銘柄をこちらの記事で紹介しましたが、

今回はすべての10銘柄をここで発表し、

その結果も赤裸々に示したいと思います。

 

  • 2742 ハローズ:広島・岡山地盤の24時間営業タイプの食品スーパー。
  • 2925 ピックルスCP:漬物業界1位、「ご飯がススム」など販売。
  • 3677 システム情報:独立系SI。
  • 3836 アバント:連結経営・会計システムのソフト開発。
  • 4396 システムサポート:ITシステム開発・保守。
  • 4424 Amazia:マンガアプリ「マンガBANG!」運営
  • 6062 チャームケアCP:近畿地盤の介護付き高級有料老人ホーム経営。
  • 6838 多摩川HD:携帯電話などの無線機器や計測機器製造、販売など。
  • 7508 G-7HD:オートバックスと業務スーパーをFC展開。
  • 7725 インターアクション:映像素子CMOSセンサ、CCD検査用光源装置大手。

 

夏号で選定した銘柄はこれが全てです。

過去の記事ではリソー教育(4714)も購入したと話していますが、

これは春号から引き続き注目していた銘柄なので、

今回は除きました。

 

また、10銘柄全てを即購入したわけではありません。

10銘柄を毎週監視し、僕が想定していた状況になったものだけ

購入するというスタンスであるため、

実際に購入したのはこの中の1~2銘柄しかありません。

この点だけ、ご了承ください。

 

 

2. 選定した銘柄の3ヶ月後の結果は・・・?

では、気になる気になる結果を見てみましょう!

選定日は7/3、結果日は9/20としています。ドキドキ。

 

  • 2742 ハローズ:3465円 → 4500円【30%上昇】
  • 2925 ピックルスCP:2909円 → 2825円【3%下落】
  • 3677 システム情報:1527円 → 1370円【10%下落】
  • 3836 アバント:1004円 → 1029円【2%上昇】
  • 4396 システムサポート:2044円 → 1869円【9%下落】
  • 4424 Amazia:4115円 → 3545円【13%下落】
  • 6062 チャームケアCP:790円 → 1163円【47%上昇】
  • 6838 多摩川HD:2328円 → 2040円【12%下落】
  • 7508 G-7HD:2434円 → 2782円【14%上昇】
  • 7725 インターアクション:1980円 → 1984円【変化なし】

 

まとめると、

上昇:4銘柄、下落:5銘柄、変化なし:1銘柄

上昇銘柄の平均値:23%

下落銘柄の平均値:9%

最大値:47%、最低値:12%

 

ちまたでは今の株式市場はとても良いと言われていましたが、

僕の場合は4勝5敗1分けということで、見事に五分五分でしたね。

ただ、上昇銘柄の平均値(+23%)と下落銘柄の平均値(▲9%)を見ると、

2:1の割合だったので、期待値としては上々と言えます。

 

僕は10銘柄全てを購入したわけではなく、

これらを選定したのち、戦略を立てて、

予想通りの動きをしたものだけ購入しました。

 

具体的には、チャームケアCP(6062)です。

資金が少なく、高価な銘柄は購入が難しい、という理由もあります笑。

戦略の立て方については、こちらの記事をどうぞ!

 

運が向いていたのもありますが、

四季報の中からより良いものを選定し、

さらに戦略を立てて購入したことで、

厳選に厳選を重ねたことも功を奏したと言える気がします。

 

 

3. どうやって10銘柄を選んだのか?

これらの10銘柄をどうやって四季報から選んだのか。

ややこしい計算をしたわけでも、

詳しい分析を重ねたわけでもありません。

簡潔に書くとたったこれだけです。

  1. 株価チャートが長期で見てキレイな上昇トレンド。
  2. 時価総額が500億円以下。
  3. 自己資本比率が40%以上。
  4. ROEが10%以上。
  5. 業績が毎年上昇し続けている。

 

その理由や詳細はこちらの記事をぜひ読んでみてください^^

 

大事なことは、

自分で四季報を購入して、

自分で手を動かして選別する、ということです。

 

多くの初心者投資家は、

ネット上に氾濫している情報や雑誌などに惑わされがちです。

「この銘柄がおすすめ!」「この分野が強い!」

心が揺さぶられやすいのですが、これらのどんな情報も「二次情報」です。

最も純粋な「一次情報」から人の手で加工された情報です。

 

だから、四季報という「一次情報」に多く触れ、

その良し悪しを自分で考える習慣をつけることが大切だと僕は思います。

 

 

4. 僕の今後の株式投資の方針

今回の結果から、今後の投資方針を決めました。

方針は、「驕らず、油断せず、今と同様に継続する」です。

 

周りからは「今はどの銘柄もとても上がっている」と言われて

内心浮かれていた僕でしたが(笑)、

蓋を開けてみると、10銘柄の上昇と下落割合は五分五分。

世間がどう言っていようと、

株は上がるも下がるも五分五分だという真実を改めて確認できました。

 

一方で、しっかりと戦略を練り、

それに準じた銘柄を購入したことで

それなりの利益を得ることができました。

戦略を立てて、感情に関係なく売買することもまた

必要不可欠な要素だということですね。

 

ということで、秋号が発売された今季ですが、

これまでと変わらず、

黙々と全ページを読んで、

次の10銘柄を選んでいこうと思います!

僕と同じように、四季報を読む方が増えれば嬉しいです^^

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

【heyheyのブログがんばるぞ宣言】

・更新頻度 ・・・ 週に1回以上。

・継続年月 ・・・ アーリーリタイアするまで。

※まずは半年(11/6)、次は1年後(5/6)まで継続する!

・次回更新 ・・・ 9/27(日)

-株式投資

Copyright© heyheyブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.