詩吟

【すぐできる】詩吟式の発声練習方法【1日5分】

こんにちは、heyheyです。

詩吟のような独特の声を出すには

一朝一夕では身に付きません。

 

でも、だからといって

特殊な訓練が必要というわけでもありません。

 

教室に通い、先生に教わることも大切ですが、

自分一人でできる練習ももちろんあります!

 

今回は、全くの詩吟の初心者でも、

一人でできる発声練習方法についてご紹介します。

練習内容は、1日5分~10分くらいで終えられる

とてもカンタンなものです^^

 

僕は学生の頃、5年間毎日これを続けることで、

・声量がメキメキと大きくなった。・声の指向性が鍛えられた。・活舌が良くなった。

・口周りの筋肉が鍛えられて表情が明るくなった。

こんな効果が得られました。

 

「継続は力なり」

「塵も積もれば山となる」

そんなことわざがありますが、

1日5分をコツコツ積み上げることで

詩吟のような力強い声を

自信にあふれた素敵な声を

ぜひ会得してみてください!

 

詩吟に関する発信は、

音声配信アプリstand.fmの

「詩吟ちゃんねる」でも行ってますので

良ければこちらも聞いてみてください^^

 

◇ ◇ ◇

 

1. 声を思い切り出せる場所をみつけよう!

発声練習の内容にうつる前に、

まずはその準備です!

 

声は声帯を使って出します。

声帯は筋肉の一つです。

 

だから、

しっかり鍛えてあげること

鍛え続けてあげること

これが大切です。

 

そのためには、

大きな声を思い切り出せる場所が

必要不可欠です!!

 

都心近くに住んでいると難易度は高いのですが、

こんな場所を探してみてください。

・海岸の砂浜

・大きな河川の河原

・周りが田んぼだらけの場所

・声を出しても大丈夫な大きな公園

・カラオケ

 

カラオケは最終手段です。

お金がかかるし、何より室内です。

 

僕としては、できるかぎり屋外をオススメします。

その理由としては

・声があまり響かないので無意識的に鍛えられる。

・声を遠くに飛ばす指向性が鍛えられる。

・外で思い切り声を出すことは気持ちいい!

 

というわけなので、

カラオケしか練習場所がなかったとしても、

マイクは決して使わないでくださいね!笑

 

 

2. 1日5分でできる発声練習方法

前置きが長くなってしまいましたが、

発声練習の方法をご紹介します。

行う練習はたった2つです^^

 

その1:活舌の練習

口の周りの筋肉はとっても大切です。

あいまいな発音では、あいまいな声しか出ません。

だから、口を大きく動かしましょう!

そして、以下の内容を「一息」でやりましょう。

時間にして約30秒くらいです。

 

<活舌練習の内容>・あ、え、い、う、え、お、あ、お

・か、け、き、く、け、こ、か、こ

(同様に、さ行、た行、…と進めていきます)

・や、え、い、ゆ、え、よ、や、よ

・ら、れ、り、る、れ、ろ、ら、ろ

・わ、え、い、う、え、を、わ、を

↓ (次は濁点、半濁点、鼻濁音です!)

・が、げ、ぎ、ぐ、げ、ご、が、ご

・か゜、け゜、き゜、く゜、け゜、こ゜、か゜、こ゜

※これは鼻濁音の意味です。

・ざ、ぜ、じ、ず、ぜ、ぞ、ざ、ぞ

・だ、で、ぢ、づ、で、ど、だ、ど

・ば、べ、び、ぶ、べ、ぼ、ば、ぼ

・ぱ、ぺ、ぴ、ぷ、ぺ、ぽ、ぱ、ぽ

 

ここまでです。

ここまでを

一息で、

すばやく、

一気にやりましょう。

 

始めのうちは一息でやるのは

相当難しいかもしれませんが、

次第に肺活量が鍛えられるので、

ぎりぎりまで頑張るクセを

つけてみてください^^

口の周りが少しあったまってきたらOKです!

 

その2:詩吟式の発声練習

次は詩吟式の発声練習です。

といっても、

独特な音程に合わせて

大きな声を出し続けるだけです。笑

では内容をご説明しますね。

 

<発声練習の内容>

・「あ」「い」「う」「え」「お」「ん」の6つの音を、詩吟の音程(陰音階)で出します。

・「あ」の高音練習を一息で行い、「あ」の低音練習も一息で行います。次に「い」「う」・・・と移っていきます。

・一息で行う長さは、高音練習は15~20秒、低音練習は13~18秒くらいです。

・音程は相対音感で良いのですが、参考としては以下となります。

【男性】

高音練習:ド→ド#→ファ→ソ→ソ#→ソ→ファ→ド#→ド

低音練習:ド→ソ#→ソ→ファ→ソ→ソ#→ド

【女性】

高音練習:ミ→ファ→ラ→シ→ド→シ→ラ→ファ→ミ

低音練習:ミ→ド→シ→ラ→シ→ド→ミ

 

詩吟の音程専用のアプリもありますので、

今は有料になってしまいましたが、

良ければ使ってみてください。

男性なら2~4本、女性なら6~8本がおすすめです。

「詩吟トレーナー『吟トレ』」

App Store

Google Play

 

 

声を出す際のコツ

慣れないうちは、上記の音程に合わせて

声を出すだけでも十分です。

一息で行うことが多いので、

それだけでも肺活量が鍛えられます。

 

音程に慣れてきたら、

他のことにも意識を向けてみましょう!

1.声を斜め上に向けて、より遠くまで飛ばす

2.口は素直な形にし、途中で形を決して変えないこと

3.喉は脱力し、お腹の呼吸で出すイメージをもつ

 

なんとなーく意識するだけで良いです^^

それを毎日コツコツ続けていくうちに、

ある日、ふと、できるようになります。

声も自然と練りあがっていきます。

長い目で、コツコツ続けることを大切にしましょう!

 

 

声を出す際の注意点

ここでは、僕が経験してきた

リアルな注意点をお伝えします。

 

1.喉が痛いときは無理をしない。

2.風上に向かって声を出さない(あっという間に声が枯れます笑)

3.周囲に迷惑をかけない。時間帯に注意する。

 

喉が痛いときに無理をすると、

炎症を起こしたり、

ポリープのもとになる場合があります。

無理はよくないです。

 

また、風上に向かって声を出すと、

あっという間に枯れます。

僕は「風なんぞに負けるか!」と

あえてやってみたことが何度かありますが、

全敗でした笑。

自然には勝てません。

 

そして、周囲への迷惑に注意すること!

これは大切です。

僕は深夜にやったり、

住居の近い公園で吟じたりして

警察に注意されたことが数度ありました。

本当に、気を付けましょう!!!

 

◇ ◇ ◇

 

今回は以上となります。

今後も引き続き、詩吟について

色々と発信していきますので、

フォローなどよろしくお願いします^^

 

Twitter:heyhey

stand.fm:詩吟ちゃんねる

YouTube:【詩吟風に吟じてみた】Lemon/米津玄師

 

 

【heyheyのブログがんばるぞ宣言】

・更新頻度 ・・・ 週に1回以上。

・継続年月 ・・・ まずは半年(11/6)、次は1年後(5/6)まで継続する!

・次回更新 ・・・ 10/18(日)

-詩吟

Copyright© heyheyブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.